風俗博物館
TOP 六條院拝見 貴族の生活 行幸の演出 六條院四季の移ろい 風俗博物館について
MENU
[服制の成立]
縄文式文化の時代
弥生時代
古墳時代
推古・飛鳥時代
奈良時代
[和様の創製]
平安時代
[武装の伸展]
鎌倉時代
室町時代
安土・桃山時代
[小袖の完成]
江戸時代
[洋風の摂取]
明治・大正・昭和時代
昭和時代前期
*
*
平安京へ出かけよう
牛車で清水詣へ出かけよう
輿で鞍馬へ出かけよう
虫垂れぎぬ姿で出かけよう
*

日本服飾史

安土 桃山時代


  

肩衣、袴姿の武将


* *

 武家の正装であった直垂から大紋・素襖と次々と簡略な服装が作られたが、やがてそれぞれが儀式の用となるに従い、平素には素襖の袖を省いた肩衣に袴をはき、小袖を下につけた姿となり、それも又平素のものとはいいながら正装のうちに入ることとなる。江戸時代にはこの肩衣、袴が裃(かみしも)と称されて武家の式服として正装化されて行く。
 この姿は織田信長像によったもので、本能寺の変の翌天正11年6月2日、一周忌の為に寄進された狩野元秀の筆になる図像が愛知県長興寺に現存しているのでこれにしたがい草色の肩衣に同色白二引の袴をつけ五三桐紋とした、白小袖に紅の下着を重ね、露頂のまま、小刀を佩び、手に白骨(しらぼね)の扇を持つ、袴には腰板がつき腰[紐]は狭くなっている。肩衣は後世のものと異り、襞も自然に、胸の前の打合わせも深い。
 小袖の寸法は永禄9年銘のある辻ケ花染小袖実測図[神谷栄子氏編日本の美術小袖]等を参酌した。

*
1  二折(ふたつおり)の髷(まげ)
2  小袖(こそで)
3  下着(したぎ)
4  肩衣(かたぎぬ)
5  袴(はかま)の腰板(こしいた)
6  刀(かたな)
7  扇(おうぎ)
8  袴(はかま)
9  足袋(たび)




*
風俗博物館
〒600-8468 京都市下京区新花屋町通堀川東入る(井筒法衣店5階)
TEL:075-342-5345 FAX:075-351-6947
ご意見、お問い合わせはこちらまで
(館長 井筒 與兵衛) mail
Copyright(C)1998,COSTUME MUSEUM All Rights Reserved.
*