風俗博物館
TOP 六條院拝見 貴族の生活 行幸の演出 六條院四季の移ろい 風俗博物館について
MENU
[服制の成立]
縄文式文化の時代
弥生時代
古墳時代
推古・飛鳥時代
奈良時代
[和様の創製]
平安時代
[武装の伸展]
鎌倉時代
室町時代
安土・桃山時代
[小袖の完成]
江戸時代
[洋風の摂取]
明治・大正・昭和時代
昭和時代前期
*
*
平安京へ出かけよう
牛車で清水詣へ出かけよう
輿で鞍馬へ出かけよう
虫垂れぎぬ姿で出かけよう
*

日本服飾史

江戸時代


  

江戸時代前期の正装の公家女房


* *

 平安時代中期以来の女官の晴れの装で俗にいう十二単である。応仁の大乱後、しきたりが不明となり特別の形が生まれた。即ち桃山時代前後から天保14年[1843]、平安朝の裳再興までの姿のことで、裳には唐衣と共裂の刺繍入りの懸[掛]帯が用いられ、小腰はない。引腰(ひきごし)のあつかいは今日も完全にわかっていない。尚、この裳の下に纐纈の裳といわれる二幅の頒布(あがちの)のつく合計四幅の裳がつけられる。この纐纈の裳は享保7年の御再興女房装束の際廃止されている。
 纐纈の裳の言葉は古いが実態の判明しているのは京都霊鑑寺に残る後水尾天皇中宮和子の遺品が最も古い。この文様は実際の纐纈でなく臈纈で白抜きされた上に駒刺繍がなされている。またその四幅形式の伝統をうけるものが伊勢神宮の御神宝にもある。
 唐衣の下は表着で、平安時代と異り打衣は袿(うちき)の下になる。袿は五つ衣と呼ばれ、5枚重ね、衽(おくみ)に綿を入れる。打衣の下は単である。紅(あか)の打袴(うちばかま)に紅精好の袴を重ねてはき、扇も美しい絵文様のある檜扇[大翳(おおかざし)、衵扇(あこめおうぎ)、]帖紙を持っている。髪形は下げ髪に玉かもじをつけて平額(ひらびたい)、釵子(さいし)、櫛(くし)を飾る。この3種の飾りを「おしやし」とも呼んでいる。これは桃山、江戸前期の姿で、江戸後期になると髪形は鬢のはり出した「大すべらかし」となる。この図は後水尾天皇中宮和子の遺品を復原したもので、はじめて着装ここに披露するものである。、重量感が溢れている。

*
1  平額(ひらびたい)
2  釵子(さいし)[三本]
3  櫛(くし)
4  作(つくり)り眉(まゆ)
5  懸(かけ)[掛]帯(おび)
6  唐衣(からぎぬ)
7  表着(うわぎ)
8  五衣(いつつぎぬ)
9  打衣(うちぎぬ)
10  單(ひとえ)
11  紅(あか)の袴(はかま)
12  裳(も)
13  裳の大腰(おおごし)
14  裳の引腰(ひきごし)
15  纐纈(こうけつ)の裳(も)
16  唐衣(からぎぬ)の髪置(かみおき)
17  絵元結(えもっとい)
18  紅(くれない)
19  こびんさき
20  長髢(ながかもじ)




*
風俗博物館
〒600-8468 京都市下京区新花屋町通堀川東入る(井筒法衣店5階)
TEL:075-342-5345 FAX:075-351-6947
ご意見、お問い合わせはこちらまで
(館長 井筒 與兵衛) mail
Copyright(C)1998,COSTUME MUSEUM All Rights Reserved.
*