風俗博物館
TOP 六條院拝見 貴族の生活 行幸の演出 六條院四季の移ろい 風俗博物館について
MENU
[服制の成立]
縄文式文化の時代
弥生時代
古墳時代
推古・飛鳥時代
奈良時代
[和様の創製]
平安時代
[武装の伸展]
鎌倉時代
室町時代
安土・桃山時代
[小袖の完成]
江戸時代
[洋風の摂取]
明治・大正・昭和時代
昭和時代前期
*
*
平安京へ出かけよう
牛車で清水詣へ出かけよう
輿で鞍馬へ出かけよう
虫垂れぎぬ姿で出かけよう
*

日本服飾史

昭和時代前期


  

京都町家若嫁姿


* *

 大正時代の京都の町家の若嫁姿で、筆者の母が大正2年2月11日満15才6ケ月で結婚した時の色直しのもの、縮緬地鴛鴦の裾文様の薄色5つ紋で帯は金通しの竹文様の丸帯紺地刺繍の半襟をつけ、ここでは色直しの姿ではなく若嫁丸髷の姿とした。大正2年から大正10年位迄、晴れ着として使用したという。大正初期の一般の風潮から見ると聊か派手であるのも15才という若さを考えての事であった。

*
1  丸髷(まるまげ)
2  薄色(うすいろ)の小袖(こそで)
3  懐紙(かいし)
4  帯揚(おびあ)げ
5  丸帯(まるおび)
6  帯締(おびじ)め
7  半襟(はんえり)




*
風俗博物館
〒600-8468 京都市下京区新花屋町通堀川東入る(井筒法衣店5階)
TEL:075-342-5345 FAX:075-351-6947
ご意見、お問い合わせはこちらまで
(館長 井筒 與兵衛) mail
Copyright(C)1998,COSTUME MUSEUM All Rights Reserved.
*