風俗博物館
TOP 六條院拝見 貴族の生活 行幸の演出 六條院四季の移ろい 風俗博物館について
MENU
[年中行事]

[宮廷文化のかたち]
公家被衣部分〜
後奈良天皇〜
細太刀〜
梅花文様唐組続平緒〜
赤地轡 唐草地文袍〜
蹴鞠直垂〜
三十六歌仙和歌色紙貼屏風〜
後月輪山陵 後幣絲〜
熱田神宮 神宝裂〜
松飛鶴文煙草入〜
桜鯉文箱迫〜
秋草文煙草入〜
白地草花文更紗紙入〜
薄藍地人形手相良刺繍紙入〜
萌葱地熊模様小袖〜
緋地違鷹羽紋一つ身〜
源氏物語屏風〜

[参考文献]
*
*
平安京へ出かけよう
牛車で清水詣へ出かけよう
輿で鞍馬へ出かけよう
虫垂れぎぬ姿で出かけよう
*

年中行事と宮廷文化のかたち


箱 迫
紙挟に始発する女子の懐中袋物は、江戸後期には実用とは乖離した箱迫に到達する。箱迫文化は現代の花嫁衣裳の胸元に、その残影を残すことになるが、御所周辺で確立をみた紙挟そして紙入が、いわば女官の手慰みとして、その趣味の発露として展開したとは別に、江戸での大流行は、専門職を登場させ、一種の威儀具のような贅沢品へと紙入を脱皮させた。

* *
146. 桜鯉文箱迫
  17×10 江戸時代 緋羅紗地
147. 御所車藤小禽文箱迫
  17×9 江戸時代  白羅紗地

* *
148. 桜鷹文箱迫
  15×8 江戸時代 茶天鵞地
149. 杜若冠文箱迫
  17×9 江戸末期

* *
150. 竹露文箱迫
  17×9 江戸時代 黒天鵞地
151. 萩蝶文箱迫
  17×9.5 江戸末期  緋羅紗地

*
152. 寄裂大巾着
  21×17 江戸時代
白・萌葱・紺・赤の羅紗を寄せて巾着に仕立てる。

守巾着
守巾着は箱迫と同趣の繍技をふるって飾り立てられる。子供の健やかな成長を願って用意される「お守り」の中で、守巾着は儀礼性をもつお守りとして発展した。しかしながら外の華麗な加飾とは別に内裂は白麻とするのが約束。

* *
153. 登鯉文守巾着
  9×9.5 江戸時代
緋羅紗地、登竜門図
154. 竹梅鶴亀文守巾着
  9×9.5 江戸時代
水浅葱羅紗地

* *
155. 波鯉文守巾着
  9×9.5 江戸時代
薄藍羅紗、瓢箪の根付けをもつ腰提守巾着。
156. 桜花籠文守巾着
  9×9.5 江戸時代
緋羅紗地



*
風俗博物館
〒600-8468 京都市下京区堀川通新花屋町下る(井筒左女牛ビル5階)
TEL:075-342-5345 FAX:075-351-6947
ご意見、お問い合わせはこちらまで
(館長 井筒 與兵衛) mail
Copyright(C)1998,COSTUME MUSEUM All Rights Reserved.
*