風俗博物館
TOP 六條院拝見 貴族の生活 行幸の演出 六條院四季の移ろい 風俗博物館について
MENU
はやの一日一花
ア行カ行サ行タ行
ナ行ハ行マ行ヤ行
ラ行ワ行
温室の花
はやの写真(季節)

生き物
社寺・行事その他
はやの写真
京都西陣織物工場
京のお菓子紹介
*
*
平安京へ出かけよう
牛車で清水詣へ出かけよう
輿で鞍馬へ出かけよう
虫垂れぎぬ姿で出かけよう
*

photograph・はやの写真

京のお菓子紹介


  
[季節の生菓子]
生風庵「水藻の花(みずものはな)」
2004年6月11日
半透明の厚い葛が プルンッと心をくすぐる 初夏の葛菓子

葛製の生菓子と言えば
薄い葛皮の下から透き通る、
餡の色合いを楽しませるものだと思っていた

それなのに、この菓子と言えば
厚い葛を 折畳み、中の餡を窺わせない
首をかしげながら 黒文字を入れる
現れた餡は 予期した通りとは言え、あまりに淡い色
この意外さに 惹き込まれながら 口へ運ぶ

瞬間、あっと驚いた
厚めの葛がモチッ ムチッ… こんな葛製の生菓子は初めてだ

淡い色の餡は空豆(ソラマメ)のもの
瞬間的に風味を感じさせたかと思うと
次の瞬間には、上品な味わいの“餡”に変化する
葛の触感に すっきりとした甘味が なんともたまらない

雪餅と共に
ただ“上品”というだけでは終わらない
雑味を 残し 生かし
洗練された味わいでいながら 野趣を感じさせる菓子

葛を畳む技はもちろん、
個性的なこの魅力が恋しくて、また ここの菓子を食べたくなる
*

*
・微妙に角度を変えて上から・

*



*
風俗博物館
〒600-8468 京都市下京区新花屋町通堀川東入る(井筒法衣店5階)
TEL:075-342-5345 FAX:075-351-6947
ご意見、お問い合わせはこちらまで
(館長 井筒 與兵衛) mail
Copyright(C)1998,COSTUME MUSEUM All Rights Reserved.
*