風俗博物館
TOP 六條院拝見 貴族の生活 行幸の演出 六條院四季の移ろい 風俗博物館について
MENU
はやの一日一花
ア行カ行サ行タ行
ナ行ハ行マ行ヤ行
ラ行ワ行
温室の花
はやの写真(季節)

生き物
社寺・行事その他
はやの写真
京都西陣織物工場
京のお菓子紹介
*
*
平安京へ出かけよう
牛車で清水詣へ出かけよう
輿で鞍馬へ出かけよう
虫垂れぎぬ姿で出かけよう
*

photograph・はやの写真

京のお菓子紹介


  
[葛・蕨 等 生菓子]
紫野 和久傳「西湖(せいこ)」
2004年2月16日
新鮮な笹の香に 誘われるように葉を開く
大きめの熊笹の葉が 内部の潤いを保ち、
包まれた菓子は露に濡れたように みずみずしく、
この菓子の持ち味である、葛のような透明感が光る

琥珀を煮詰めたような すき通った 飴色
口に入れると
ぷるんっとしていて、意外と ねっとり
まとわりつくのでも、粘っこいのでもない、ねっとりさ
葛とは似て非なる、独特の味わいである

正体は 蓮粉、そう 蓮根(レンコン)澱粉である

すっきりとした味わいは和三盆糖
料亭らしい、上品でさわやかな味わいが“さすが”と思わせる

趣向に富んだ馳走の後、なるほど この菓子ならば
つるりっと喉を落ち 心地よい安らぎをもたらしてくれるだろう

知り尽くしたはずの相手の 意外な一面に驚くとともに
その姿の、その味わいの あまりの清々しさに
唸らざるを得ない逸品である
*

*

*
・包んだ状態・



*
風俗博物館
〒600-8468 京都市下京区新花屋町通堀川東入る(井筒法衣店5階)
TEL:075-342-5345 FAX:075-351-6947
ご意見、お問い合わせはこちらまで
(館長 井筒 與兵衛) mail
Copyright(C)1998,COSTUME MUSEUM All Rights Reserved.
*