風俗博物館
TOP 六條院拝見 貴族の生活 行幸の演出 六條院四季の移ろい 風俗博物館について
MENU
はやの一日一花
ア行カ行サ行タ行
ナ行ハ行マ行ヤ行
ラ行ワ行
温室の花
はやの写真(季節)

生き物
社寺・行事その他
はやの写真
京都西陣織物工場
京のお菓子紹介
*
*
平安京へ出かけよう
牛車で清水詣へ出かけよう
輿で鞍馬へ出かけよう
虫垂れぎぬ姿で出かけよう
*

photograph・はやの写真

京のお菓子紹介


  
[餡もの(餡 主体)半生菓子]
俵屋吉富「雲龍(うんりゅう)」
2003年12月19日
鶴屋吉信「京観世」と共に よく知られる菓子

まず、そのパッケージが印象的だ
菓子銘を記した薄様の下にじっと息を潜めているのは
墨で描かれた 風格のある龍

「雲龍」は、見た目も味わいも、
その印象に負けない
どっしりとした、存在感のある棹物である

濃い餡と村雨を巻き上げたその姿は
水墨画の世界をそのままに表したようで
“華やか”と表される京菓子の世界とは一線を画する

味わうと、しっとりと 奥行きがあって上品

村雨と餡が不思議なくらいに一体となって
均整のとれた、
揺るぎない、言わば 完成された風味を作り出している

落ち着いた空間で抹茶と共に戴きたいような菓子だ
*

*

*

*

*
・パッケージ・



*
風俗博物館
〒600-8468 京都市下京区新花屋町通堀川東入る(井筒法衣店5階)
TEL:075-342-5345 FAX:075-351-6947
ご意見、お問い合わせはこちらまで
(館長 井筒 與兵衛) mail
Copyright(C)1998,COSTUME MUSEUM All Rights Reserved.
*