風俗博物館
TOP 六條院拝見 貴族の生活 行幸の演出 六條院四季の移ろい 風俗博物館について
MENU
はやの一日一花
ア行カ行サ行タ行
ナ行ハ行マ行ヤ行
ラ行ワ行
温室の花
はやの写真(季節)

生き物
社寺・行事その他
はやの写真
京都西陣織物工場
京のお菓子紹介
*
*
平安京へ出かけよう
牛車で清水詣へ出かけよう
輿で鞍馬へ出かけよう
虫垂れぎぬ姿で出かけよう
*

photograph・はやの写真

京のお菓子紹介


  
[餡もの(餡 主体)半生菓子]
亀屋清永「月影(つきかげ) 」
2004年8月25日
来週の月曜(8月30日)は 今月、2回目の満月の日

月に2度 満月があることを「ブルームーン」と言うらしい
夜空に白々と輝く月…
ラッキームーンではなく、ブルームーンという処が洒落ている

1日の満月は、夏真っ盛りで それどころではなかったけれど
こう、夜風涼しく 虫の声が響いて秋らしくなると
月 恋しく、満月が待ち遠しくなってくる

さて、東山の峰に浮かぶ月になぞらえた…という この菓子は
胡桃(クルミ)の入った半月型の羊羹
一見、真っ黒だが
光に当たると、きめの細かい断面が赤みを帯びて透き通り、
中の胡桃がほんわり浮かび、沈んで美しい

一切れ、口に入れる
しっかりとした羊羹は黒砂糖のもの
噛めば 黒砂糖のコクのある甘味が口いっぱいに広がる
中に入った胡桃は しっとりしながらも
歯ごたえがあって香ばしい

噛むほどに 二つの風味が混ざり合い、美味しさが加速する
黒砂糖と胡桃、何て 素晴らしい組み合せなんだろう

薄造りの羊羹ながら、満足度の高さは なかなかのもの
モダンなパッケージと、小袋も印象的な
黒糖&胡桃好きには たまらない一品だ
*

*

*
・一つずつ小袋に入っている・

*



*
風俗博物館
〒600-8468 京都市下京区新花屋町通堀川東入る(井筒法衣店5階)
TEL:075-342-5345 FAX:075-351-6947
ご意見、お問い合わせはこちらまで
(館長 井筒 與兵衛) mail
Copyright(C)1998,COSTUME MUSEUM All Rights Reserved.
*