風俗博物館
TOP 六條院拝見 貴族の生活 行幸の演出 六條院四季の移ろい 風俗博物館について
MENU
はやの一日一花
ア行カ行サ行タ行
ナ行ハ行マ行ヤ行
ラ行ワ行
温室の花
はやの写真(季節)

生き物
社寺・行事その他
はやの写真
京都西陣織物工場
京のお菓子紹介
*
*
平安京へ出かけよう
牛車で清水詣へ出かけよう
輿で鞍馬へ出かけよう
虫垂れぎぬ姿で出かけよう
*

photograph・はやの写真

京のお菓子紹介


  
[餡もの(餡 主体)半生菓子]
紫野 和久傳「一休菓子 しの」
2004年7月5日
桐箱に収められた おひねり菓子
薄様を開くと 和三盆糖をまとった 小さな丸い塊が現れる

ひとくちで食べてもいいけれど、ちょっと割ってみた

味噌のような香りと共に、
餡に包まれた ほんのり紅い黒い粒が姿を現わす

口へ入れると
和三盆のとろける甘味に混じって
個性的な 味噌のような風味が広がる
ああ この味、大徳寺納豆(唐納豆)だ

塩辛納豆とも呼ばれる この醗酵大豆は
はるか昔、唐から禅宗と共に伝わった、
独特の風味がたまらない、京ならではの逸品

そのままでは 強すぎるが、
和三盆糖や餡に合わせて味わうと
塩辛さの中に感じられる まろやかなコクが引き立ち、
奥行きのある深い味わいが なかなかに素晴らしい

塩味と 甘味の見事な調和

料亭の菓子らしい 品の良さも加わって
“和のトリュフ”との例えも納得の 珍菓である
*

*

*

*
・桐箱の中、一つずつ薄様に包まれている・



*
風俗博物館
〒600-8468 京都市下京区新花屋町通堀川東入る(井筒法衣店5階)
TEL:075-342-5345 FAX:075-351-6947
ご意見、お問い合わせはこちらまで
(館長 井筒 與兵衛) mail
Copyright(C)1998,COSTUME MUSEUM All Rights Reserved.
*