風俗博物館
TOP 六條院拝見 貴族の生活 行幸の演出 六條院四季の移ろい 風俗博物館について
MENU
はやの一日一花
ア行カ行サ行タ行
ナ行ハ行マ行ヤ行
ラ行ワ行
温室の花
はやの写真(季節)

生き物
社寺・行事その他
はやの写真
京都西陣織物工場
京のお菓子紹介
*
*
平安京へ出かけよう
牛車で清水詣へ出かけよう
輿で鞍馬へ出かけよう
虫垂れぎぬ姿で出かけよう
*

photograph・はやの写真

京のお菓子紹介


  
[餡もの(餡 主体)半生菓子]
幸福堂 「ごじょう ぎぼし最中(もなか)」
2003年3月3日
最中の楽しみと言えば、餡を包む最中種(皮)の意匠

松原にある幸福堂では
店の場所に馴染みの深いものを その意匠として用いている

「松原」という通りの名は知られていないかもしれないが
この通りこそ、平安時代の五条通り
豊臣秀吉によって現在の位置に移されるまで
五条橋は 当然のことながら この松原通りに架かっていた

包み紙を取ると、擬宝珠を飾った円柱を模った最中種が現れる
五条大橋の欄干の擬宝珠もこうなると可愛らしい

最中を割ると顔を出す餡は もちろん丹波大納言つぶ餡

五条大橋と言えば牛若(義経)と弁慶の話を思い出すが
面白いのは この最中には義経と弁慶の2つのサイズがあること
今回戴いたのは普通サイズの義経のよう
では弁慶は?

聞くところによると 弁慶には倍の量の餡がはさんであるとか…
*

*

*
・包み紙に包まれた状態 ・

*
◆ 五条大橋の擬宝珠 ◆



*
風俗博物館
〒600-8468 京都市下京区新花屋町通堀川東入る(井筒法衣店5階)
TEL:075-342-5345 FAX:075-351-6947
ご意見、お問い合わせはこちらまで
(館長 井筒 與兵衛) mail
Copyright(C)1998,COSTUME MUSEUM All Rights Reserved.
*