風俗博物館
TOP 六條院拝見 貴族の生活 行幸の演出 六條院四季の移ろい 風俗博物館について
MENU
はやの一日一花
ア行カ行サ行タ行
ナ行ハ行マ行ヤ行
ラ行ワ行
温室の花
はやの写真(季節)

生き物
社寺・行事その他
はやの写真
京都西陣織物工場
京のお菓子紹介
*
*
平安京へ出かけよう
牛車で清水詣へ出かけよう
輿で鞍馬へ出かけよう
虫垂れぎぬ姿で出かけよう
*

photograph・はやの写真

京のお菓子紹介


  
[京都以外のお菓子]
銀座 たまや「東京たまご ごまたまご」
2004年11月17日
可愛らしいお菓子を戴いた

鶉卵(うずらたまご)を思わせる小さな菓子は
ホワイトチョコで しっかりとコーティングされ、
斜面に置くとコロコロと転がってしまいそうな感じ
その不安定な感じが いかにも卵らしく、
つい取上げて、手のひらに そっと置いてみる

軽く一口でもいけそうだが、大切に まず ひと噛み
その瞬間、ホワイトチョコの殻の中から口の中へ
黒ゴマの香ばしい風味が 押し寄せて来た

ふと見た断面に ちょっとびっくり
殻のホワイトチョコに、カステラ生地の白身を挟んで、
真っ黒な黒ゴマ餡がしっかりと詰まっている
想像していたとは言え、なかなかインパクトのある断面だ

ゆで卵の黄身のようにしっかりしたゴマ餡は
口の中でホロリと崩れ、中からペーストがとろ〜り
そして…それと共に、口の中を満たしていく黒ゴマの風味
これでもか と主張する、この濃厚な風味がたまらない
ぎゅっと凝縮されていた黒ゴマたちが噛む度に姿を現して
まさに黒ゴマそのものを食べている心持ち

姿だけでなく 栄養価も卵に並ぶかな?

“それぞれ 一日一個!”なんて… 嬉しいなあ
*

*

*

*



*
風俗博物館
〒600-8468 京都市下京区新花屋町通堀川東入る(井筒法衣店5階)
TEL:075-342-5345 FAX:075-351-6947
ご意見、お問い合わせはこちらまで
(館長 井筒 與兵衛) mail
Copyright(C)1998,COSTUME MUSEUM All Rights Reserved.
*