風俗博物館
TOP 六條院拝見 貴族の生活 行幸の演出 六條院四季の移ろい 風俗博物館について
MENU
はやの一日一花
ア行カ行サ行タ行
ナ行ハ行マ行ヤ行
ラ行ワ行
温室の花
はやの写真(季節)

生き物
社寺・行事その他
はやの写真
京都西陣織物工場
京のお菓子紹介
*
*
平安京へ出かけよう
牛車で清水詣へ出かけよう
輿で鞍馬へ出かけよう
虫垂れぎぬ姿で出かけよう
*

photograph・はやの写真

京のお菓子紹介


  
[京都以外のお菓子]
華正樓 (横浜倶楽部) 「月餅(げっぺい)」
2004年5月10日
小学生の頃、禅宗の寺で中国の獅子舞を見た
初めて見る獅子舞は 日本のものとは違い、強烈な印象だった
爆竹が鳴らされ、賑やかな音楽の中、
鮮やかな色彩の獅子達が、大顔で笑い、走り 舞い踊る…

横浜中華街のお菓子を戴いた
お菓子は「月餅」

中華 というだけで 頭で獅子が踊り出し、血が騒ぐ
「ゲッペイ(ユエピン)」 という響きも 異国っぽくて 魅力的

こんがり ツヤツヤとした姿
香ばしい香りに 油脂を感じさせる手触りが食欲をそそる

黒餡、栗餡、棗餡
食べやすく、小さく作られた3つの月餅
本場のものからすると やや日本向きに 押さえられた餡は
どれも あっさりと まろやかで
月餅本来の重い感じがなくなり 好ましい

あっさりの中にもコクを感じさせる黒餡、
さらりとして、上品な甘さの栗餡、
そして 独特の風味がたまらない棗餡(なつめあん)

どれも 香ばしい皮に 餡がピッタリ合って美味
中華菓子らしい油脂の風味が旨味をまし、もう たまらない
あっという間にたいらげてしまった
何と美味しいものだろう

仲秋節を待たず 月餅が食べられた歓びは大きい
心もお腹も満足、満足

謝謝!
*

*
・黒餡・

*
・栗入り餡・

*
・棗餡・

*



*
風俗博物館
〒600-8468 京都市下京区新花屋町通堀川東入る(井筒法衣店5階)
TEL:075-342-5345 FAX:075-351-6947
ご意見、お問い合わせはこちらまで
(館長 井筒 與兵衛) mail
Copyright(C)1998,COSTUME MUSEUM All Rights Reserved.
*