風俗博物館
TOP 六條院拝見 貴族の生活 行幸の演出 六條院四季の移ろい 風俗博物館について
MENU
寝殿造 貴族の住空間
源氏物語の住まい
彩る調度の品々
平安時代の遊び
装束
装束(男性)
装束(女性)
代表的な襲色目(かさねいろめ)
代表的な文様
染め色の様々
織物の種類
色彩と文様の雅な思想
*
*
平安京へ出かけよう
牛車で清水詣へ出かけよう
輿で鞍馬へ出かけよう
虫垂れぎぬ姿で出かけよう
*

貴族の生活

装束


代表的な襲色目(かさねいろめ)

貴族の男性が直衣(のうし)や狩衣(かりぎぬ)の合せ色を楽しみ、また高位の女性が重(かさ)ね袿(うちき)に配色の妙を競い、和様美の極致である襲色目が完成していった。平安後期に著された『満佐須計装束抄』にはそうした女房装束や狩衣の色目が、「いろいろやうやう」として詳細に記されている。

京都には昔から四季を表現する見事な色彩の世界があった。季節に咲き誇る草花や風物の配色を倣って、年中折々の行事に取り入れて雅な生活と立ち居振舞(ふるまい)が艶やかに彩られてきたのである。

しかし、その色彩についてみると、古代の人々の色彩と現代の色彩とが少し違っているのが識れる。例えば古代の緑色は、早春の新芽の黄色、春の若苗色、また初夏の若葉の萌葱(もえぎ)色、真夏の緑の葉色、さらに秋の森林の青緑に、冬の山端の濃青色と、季節を追って変化する木々や風景の色調が基本にあり、濃青緑から薄い黄緑色への複雑な色階だったのが識れる。そんな繊細な自然の色表現が襲色目に巧まれていたのであり、紅や縹はなだ、黄色も同様に複雑な色調を持っていたといえる。また襲色目では、濃色から薄色へ暈ぼかして配色をする「匂におい」や、白色まで薄くして暈ぼかし彩色をする「薄様(うすよう)」といった多様な配色手法があった。

『源氏物語』に、「かの末摘花の御料に柳の織物に よしある唐草を乱り織りたるもいとなまめきたれば」や、「桜の細長につややかなる掻かい練ねりとりそろへて ひめ君の御料なり」(明石の姫)、また「くもりなく赤き山吹(やまぶき)の花の細長は かのにしの對にたてまつれ給ふをうへは見ぬやうにておぼしあはす」(玉鬘)と綴られている。

くれなゐのうすやう
花散里
*
くれなゐにほひて三 しろき二 しろきひとへ」(『満須計装束抄』)。「浅縹(あさきはなだ)の海賦(かいふ)の文織様なまめきたれど匂ひやかならぬに いと濃き掻練(かいねり)具しては夏の御方」
こうばいのにほひ
紫の上
*
「うへはうすくて したへこくて あをきひとへ またまさりたるひとへをもきる」(『満須計装束抄』)。「紅梅のいといたく文浮きたるに葡萄染(えびぞめ)の御小袿今様(こうちきいまよう)色のすぐれたるはこの御料」
いろいろ
空蝉
*
「うすいろ一 もえぎ一 こうばい一 うらやまぶき一 うらこきすほう一 くれなゐのひとへ」(『満須計装束抄』)。「空蝉の尼君に青鈍(あおにび)の織物のいと心ばせあるを見つけ給ひて 御料にあるくちなしの御衣聴色(おんぞゆるしいろ)なるそへて」
むらさきのうすやう
明石上
*
「うへよりしたへうすくて三 しろき二 しろきひとへ」(『満須計装束抄』)。「梅の折枝蝶鳥飛びちがひ 唐(から)めきたる白き浮文に 濃きがつややかなる具して明石の御方に 思ひやりけだかきをうへは目ざましう見給ふ」


*
風俗博物館
〒600-8468 京都市下京区堀川通新花屋町下る(井筒左女牛ビル5階)
TEL:075-342-5345 FAX:075-351-6947
ご意見、お問い合わせはこちらまで
(館長 井筒 與兵衛) mail
Copyright(C)1998,COSTUME MUSEUM All Rights Reserved.
*