風俗博物館
TOP 六條院拝見 貴族の生活 行幸の演出 六條院四季の移ろい 風俗博物館について
MENU
六條院とは
光源氏の邸宅を訪ねる
登場人物の関係図
源氏物語の舞台を歩く
夏の宇治
初夏の宇治
晩秋の宇治
晩冬の宇治
視点を変えてみる「春の御殿」
*
*
平安京へ出かけよう
牛車で清水詣へ出かけよう
輿で鞍馬へ出かけよう
虫垂れぎぬ姿で出かけよう
*

六條院拝見

源氏物語の舞台を歩く


晩冬の宇治

*
朝霧橋にとまるユリカモメ
冬、宇治川にはユリカモメが訪れる。 宇治橋から塔の島にかけて必ずと言っていいほどその姿を見ることが出来き、時には人がパンの耳を投げ与えている場面に出会うこともある。 お互いよく馴れたもので近寄って見ていても大丈夫。この時期だけの楽しみである。
*
この時期独特の情景

スライドショー
2002年1月〜2月の宇治
<Flash 1.5MB:35枚のスライド(写真)がご覧いただけます(ループ)>


地図


*
風俗博物館
〒600-8468 京都市下京区堀川通新花屋町下る(井筒左女牛ビル5階)
TEL:075-342-5345 FAX:075-351-6947
ご意見、お問い合わせはこちらまで
(館長 井筒 與兵衛) mail
Copyright(C)1998,COSTUME MUSEUM All Rights Reserved.
*