風俗博物館
TOP 六條院拝見 貴族の生活 行幸の演出 六條院四季の移ろい 風俗博物館について
MENU
六條院とは
光源氏の邸宅を訪ねる
登場人物の関係図
源氏物語の舞台を歩く
視点を変えてみる「春の御殿」
裳着(「行幸」より)
出産(「若葉上」より)
喪(「藤袴」より)
行幸と宴(「藤裏葉」より)
柏木と猫と女三宮
  (「若葉上」より)

持仏開眼供養(「鈴虫」より)
女房の日常〜冊子作り〜
*
*
平安京へ出かけよう
牛車で清水詣へ出かけよう
輿で鞍馬へ出かけよう
虫垂れぎぬ姿で出かけよう
*

六條院拝見

視点を変えてみる「春の御殿」

喪(「藤袴」より)


東の対の母屋  玉鬘、女房たち
東の対の東廂  夕霧
東の対の北廂  女房たち
喪に服している玉鬘のために、部屋の室礼の全てが喪にふさわしいものとなった。母屋の中心に置かれた御帳台(みちょうだい)を始め、几帳(きちょう)、御簾(みす)、調度類の全てが純色とされ、女房をはじめ喪に服する者の衣裳もすべて純色・萱草色となった。

*

各々の番号から見た「春の御殿」の様子です。
(1)
*
女房達は練り香を作っている。様々な香料を好みによって配合し、丸め、オリジナルの香を作っていた。当時の教養の一つである。
(2)
*
翁はお爺さん、媼はお婆さんのことである。老人の衣裳は通常の衣裳に比べて、規範はより緩やかになっていただろうと思われる。
(3)
*
御帳台が喪にふさわしい様に、帳を鈍色の布に変えている。全体的に通常の室礼と違った雰囲気が伺える。
(4)
*
女房が座っているのは孫廂。巻き上げられた御簾の縁や帽額、几帳には鈍色の布が使われている。
(5)
*
廂(ひさし)に座し、御簾越しに母屋に座す玉鬘と対面している夕霧は、同じく大宮の喪に服している。片手に藤袴の一枝。「藤袴」の一場面である。
(6)
*
女房が着ているのは薄鈍色の袿。履いているのは萱草色の袴。萱草色は服喪中に着る凶色とされていた。
(7)
*
長櫃から常の衣裳を出している女房は、薄い鈍色の袿を着ている。鈍色は今のグレー。
(8)
*
服喪中ということで、女房は薄い鈍色の袿に、萓草色の袴を履いている。畳の縁も鈍色である。
(9)
*
衣を畳んでいる女房が着ているのは鈍色の袿。衣の色の濃い・薄いで、死者との親疎や服喪の期間を表わした。
(10)
*
写真の右手奥で御簾の前に座る玉鬘は、御簾越しに夕霧と対面している。大宮の喪に服している女主人(玉鬘)にならって、手前の女房も喪に服している。
*
衣に焚きしめる香は「薫物」と呼ばれ、必需品であった。個人で香料の配合が違い、秘伝の調合法が代々伝えられたほどである。
*
翁と媼が座す畳は喪にふさわしく縁に鈍色の布を使っている。調度類も全て墨色のものが使われている。調度類は媼側から二階棚、二階厨子である。
*
女房が座っているのは孫廂。巻き上げられた御簾の縁や帽額、几帳には鈍色の布が使われている。
*
御帳台の中から女房の背面を捉える。一番手前に茵の縁が映る。左手の几帳、御簾の帽額も、また女房の衣も色が薄いが鈍色である。



*
風俗博物館
〒600-8468 京都市下京区堀川通新花屋町下る(井筒左女牛ビル5階)
TEL:075-342-5345 FAX:075-351-6947
ご意見、お問い合わせはこちらまで
(館長 井筒 與兵衛) mail
Copyright(C)1998,COSTUME MUSEUM All Rights Reserved.
*