風俗博物館
TOP 六條院拝見 貴族の生活 行幸の演出 六條院四季の移ろい 風俗博物館について
MENU
[服制の成立]
縄文式文化の時代
弥生時代
古墳時代
推古・飛鳥時代
奈良時代
[和様の創製]
平安時代
[武装の伸展]
鎌倉時代
室町時代
安土・桃山時代
[小袖の完成]
江戸時代
[洋風の摂取]
明治・大正・昭和時代
昭和時代前期
*
*
平安京へ出かけよう
牛車で清水詣へ出かけよう
輿で鞍馬へ出かけよう
虫垂れぎぬ姿で出かけよう
*

日本服飾史

安土・桃山時代・武装の伸展


  

鎖具足をつけた武将


* *
* *

布地に鎖を綴じ附けたもので,古くは鎖腹巻と呼ばれたものが八坂本平家物語[巻8]にあり,胴丸にも見られるが,これは2枚銅の具足で鎖兜も揃っている。 小形方形の鉄板[カルタ鉄]を鎖で連接し屈伸を自由にし,しかも抵抗力を増大している。 槍(やり),鉄砲等に対応する為,室町末期から多く用いられたものであろう。 表面を黒漆で塗り,草摺りは7間になっている。上帯を締め,打刀を佩びた姿とした。この具足も伝来のものである。

*
*

1 鎖兜(くさりかぶと)
2 鎖兜の(しころ)
3 半頬(はんぼお)
4 鎖具足(ぐそく)
5 篠籠手(しのごて)
6 鎖具足の草摺(くさずり)
7 鎖佩楯(はいだて)
8 受筒(うけづつ)
9 合当理(がったり)
10 待受(まちうけ)
11 指物旗(さしものはた)
12 上帯(うわおび)
13 槍(やり)
14 打刀(うちがたな)
15 脇差(わきざし)
16 袴(はかま)
17 臑当(すねあて)
18 革足袋
19 草鞋(わらじ)



*
風俗博物館
〒600-8468 京都市下京区堀川通新花屋町下る(井筒左女牛ビル5階)
TEL:075-342-5345 FAX:075-351-6947
ご意見、お問い合わせはこちらまで
(館長 井筒 與兵衛) mail
Copyright(C)1998,COSTUME MUSEUM All Rights Reserved.
*