風俗博物館
TOP 六條院拝見 貴族の生活 行幸の演出 六條院四季の移ろい 風俗博物館について
MENU
[服制の成立]
縄文式文化の時代
弥生時代
古墳時代
推古・飛鳥時代
奈良時代
[和様の創製]
平安時代
[武装の伸展]
鎌倉時代
室町時代
安土・桃山時代
[小袖の完成]
江戸時代
[洋風の摂取]
明治・大正・昭和時代
昭和時代前期
*
*
平安京へ出かけよう
牛車で清水詣へ出かけよう
輿で鞍馬へ出かけよう
虫垂れぎぬ姿で出かけよう
*

日本服飾史

推古・飛鳥時代


  

天武・持統朝文官朝服


* *

 飛鳥時代の服装は従来不明の点が多く、むしろ奈良時代と同様に考えられていたが、昭和47年3月の高松塚古墳の発掘によってこれが解明の緒を見るに至った。即ち同古墳の壁画は天武朝末期あるいは持統天皇初期のものと考えられる。
 これは天武天皇の11年制定の漆紗の冠をかぶり、同13年の詔にある会集の日に用いる襴のある縫腋の袍を着、長紐をつけている、袍の色は14年制定の勤位の深緑色である。即ち内衣を襲ね、左衽にし、結紐、長紐を用い、白袴をはいている。

*
1  漆紗(しっしゃ)の冠(かんむり)
2  漆紗の冠の巾子(こじ)
3  漆紗の冠の燕尾(えんび)
4  袍(ほう)
5  襟(えり)の結紐(むすびひも)
6  長紐(ながひも)
7  袍の襴(らん)
8  内衣(ないい)の袖(そで)
9  内衣の襴の襞(ひだ)
10  白袴(しろきはかま)
11  履(くつ)




*
風俗博物館
〒600-8468 京都市下京区新花屋町通堀川東入る(井筒法衣店5階)
TEL:075-342-5345 FAX:075-351-6947
ご意見、お問い合わせはこちらまで
(館長 井筒 與兵衛) mail
Copyright(C)1998,COSTUME MUSEUM All Rights Reserved.
*