風俗博物館
TOP 六條院拝見 貴族の生活 行幸の演出 六條院四季の移ろい 風俗博物館について
MENU
[服制の成立]
縄文式文化の時代
弥生時代
古墳時代
推古・飛鳥時代
奈良時代
[和様の創製]
平安時代
[武装の伸展]
鎌倉時代
室町時代
安土・桃山時代
[小袖の完成]
江戸時代
[洋風の摂取]
明治・大正・昭和時代
昭和時代前期
*
*
平安京へ出かけよう
牛車で清水詣へ出かけよう
輿で鞍馬へ出かけよう
虫垂れぎぬ姿で出かけよう
*

日本服飾史

昭和時代前期


  

京都町家娘振袖姿


* *

昭和10年代の京都の振袖姿である。これは筆者の妻が昭和18年3月6日満18才7ケ月で結婚の時、色直しに着用したもので、綸子の緋地薬玉文様の友禅の振袖、帯は白地浮織の花文様の丸帯白地刺繍の半襟をつけ髪は色直しの時の姿でなく娘姿の下げ髪とした。
 昭和18年は太平洋戦争勃発後で物資の欠乏による衣料切符制度[昭和17年1月20日]が施行された後であった為、文様は戦争前の好みのままであるが振袖の丈が短かくなっている。又小袖の襟もとを飾った美しく刺繍された半襟は不要な贅沢品としてこの頃を境として戦局の苛烈とともに消え去った。

*
1  お下(さ)げ
2  振(ふ)り袖(そで)
3  帯揚(おびあ)げ
4  帯締(おびじ)め
5  丸帯(まるおび)
6  扇子(せんす)
7  半襟(はんえり)




*
風俗博物館
〒600-8468 京都市下京区新花屋町通堀川東入る(井筒法衣店5階)
TEL:075-342-5345 FAX:075-351-6947
ご意見、お問い合わせはこちらまで
(館長 井筒 與兵衛) mail
Copyright(C)1998,COSTUME MUSEUM All Rights Reserved.
*