風俗博物館
TOP 六條院拝見 貴族の生活 行幸の演出 六條院四季の移ろい 風俗博物館について
MENU
寝殿造 貴族の住空間
源氏物語の住まい
彩る調度の品々
障屏具(しょうへいぐ)
調度
照明具
平安時代の遊び
装束
*
*
平安京へ出かけよう
牛車で清水詣へ出かけよう
輿で鞍馬へ出かけよう
虫垂れぎぬ姿で出かけよう
*

貴族の生活

彩る調度の品々


照明具

*
燈台(とうだい)
室内の照明具で、油を入れた燈盞(とうさん)に点燈心を浸して火をつけ、明かりとする。平安時代に一般的に使われたのは、菊の花を意匠した台座や牛糞型と呼ばれる台座の中心に柱を立て、その上に金属製の台の燈械(とうがい)、そして燈盞を置いた「高燈台」で、書見や書き物の際には、高燈台よりも高さの低い「切燈台」を用いた。
燭台(しょくだい)
蝋燭を立て、火を灯す室内用燈火具。主に寺院で用いられた。一般には燈台と燭台が兼用できる木製・鉄製の燈台形が用いられた。写真のものは持ち運びのできる手燭(てしょく)である。
*
*
燈籠(とうろう)
油によって点火する照明具。宮中では鉄製のもの、貴族邸では木製のものが用いられた。母屋の天井や軒先に吊るして使う方形で屋根の付いた「釣燈籠」、台座があって下に置く「台燈籠」、庭上に立てる「石燈籠」、「金燈籠」などがある。


*
風俗博物館
〒600-8468 京都市下京区堀川通新花屋町下る(井筒左女牛ビル5階)
TEL:075-342-5345 FAX:075-351-6947
ご意見、お問い合わせはこちらまで
(館長 井筒 與兵衛) mail
Copyright(C)1998,COSTUME MUSEUM All Rights Reserved.
*